君たちはどう生きるかの韓国の反応は?感想や人気の理由を紹介!

君たちはどう生きるかの韓国の反応は?感想や人気の理由を紹介!
  • URLをコピーしました!

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

Pocket

日本で2023年7月14日から公開されている映画「君たちはどう生きるか」が、2023年の10月25日に韓国で公開されました。

初日は平日にも関わらず多くの人々が映画を観に来たとニュースになりました。

韓国ではこの映画にどのような反応があるのか気になりますよね。

実際に映画を観た韓国の方の感想や人気の理由も調べてみましたのでご紹介します!

今回は「君たちはどう生きるかの韓国の反応は?感想や人気の理由を紹介!」と題してお届けします。

目次

君たちはどう生きるかの韓国の反応は?

2023年1月に公開された「スラムダンク」がヒットし447万人の観客動員数をたたき出しました。

その後3月に公開された新海誠監督の「すずめの戸締り」が497万人と日本映画の観客動員数を更新しています。

この映画は「風立ちぬ」以来宮崎監督の10年ぶりの新作で韓国でも楽しみにしていた人がたくさんおり、この記録を超すのではないかと期待されています。

公開日は平日だったのですが、初日で25万5千人がこの映画を観ました。

公開日の映画の予約数としては、現在韓国で公開中の映画の中で1位になっています。

この映画は第2次世界大戦の時代が舞台となっており、火事で死んでしまったお母さんを恋しがる男の子が奇妙な鳥に導かれて行く物語です。

その時代背景のため、観た方の年代や韓国という国民性からの感想もあるようです。

君たちはどう生きるかの韓国の方の感想を紹介

日本ではおもしろかったという方と今までの宮崎監督の内容とはちょっと印象が違って難しかったという方とはっきり分かれていた印象がありますよね。

日本では映画の上映まであらすじやキャスト、主題歌などの詳しい情報が公開されておらず、期待いっぱいで観に行く形になっていました。

9月下旬の時点で興行収入が82臆5000万人を記録し観客動員数は553万人を超えています。

日本人の感想を調査してみると宮崎駿監督が何を伝えたいのか理解が難しいかったという意見も多く映画中の時の流れに眠気を感じる方も多かったようです。

“さすが宮崎駿監督の作品!”とアニメ―ションが素晴らしいという意見や壮大なファンタジーだったという感想もありました。

韓国では日本より少し遅れての公開となったわけですが、どのような感想があるのか調べてみました。

良い感想

「面白かったです。日本独特の世界観があります」

「宮崎駿監督の世界観が好き」

「どうやって生きるべきか宮崎先生が教えてくれます」

「サウンドが良かった」

「やっぱりジブリ!って感じ」

「私は鳥が好きだからかわいかった」

「そんなに難解でもなく、絶対理解しにくい内容ではない」

「もののけ姫以来、最も怪談風の展開で興味深かった」

「私は楽しかったです」

「目が楽しくて、これが宮崎駿の絵だったんだ。この華やかさ、涼しさ、きれいな線と水彩画のような表現のクレイジー作家」

「内容を説明するのは難しいですが、楽しかったです。」

「わらわらがかわいい」

「ジブリを幼いころから見て育ったので感じなかったがスタイルが独特で独歩的なアニメという感じ。」

「面白かったけど、周辺反応が1点と5点に分かれています」

良い感想としては、宮崎ワールドやジブリの世界観を理解した上で楽しかったという意見、そして映像の美しさやサウンドの良さに高評価がありました。

映画の中に出てくる“わらわら”がかわいいという感想もありました。

悪い感想

「内容が難しかった」

「トトロ、ポニョとはぜんぜん違っておすすめの映画ではない。世界観が膨大なのに説明は不足して難解だ」

「観てきたが、正確に何を言いたいのかわからず、退屈して映画を観る間、眠気と戦うのが大変だった。」

「ジブリ前作が面白くて観て、一度くらいだまされても大丈夫と思う人にはおすすめ」

「歴代ジブリ作品の中で最高の制作費で作ったのに作ったのにクオリティを見れば全く猛烈じゃないことが分かる。内容は…良く分からない」

悪い感想としては、話の内容を理解しようすると難しく、そのため退屈になってしまったという意見や、他の作品と作風が違い期待はずれだったという意見がありました。

全体的に日本人の感想と似ている部分が多いです。

すでに日本で公開されており情報が多くあるため、同じような感想を持つ方が多かった可能性もあります。

ただ注目度は高く、韓国でもジブリワールドや宮崎駿監督の作品が韓国でもよく見られ愛されていることが分かります。

それゆえ、この作品は理解しようとすればするほど難しさを感じてしまった印象があります。

君たちはどう生きるかの韓国での人気の理由は?

韓国での人気の理由は、前作や他の日本のアニメ映画が人気だったために、この映画もおもしろいであろうという期待感から人気があったと思われます。

スラムダンクは熱く燃える青春時代が展開されており年代を問わず見やすい映画でした。

すずめの戸締りは東日本大震災を背景に展開されたファンタジーと現実が合わさったメッセージ性のある映画でした。

国境を越えても理解しやすい内容で韓国でも多くの方に愛された作品になりました。

「君たちはどう生きるか」はその後に来た作品であり、上映される前から多くの期待があり人気が高かった思われます。

公開後は感想が分かれており、宮崎監督の世界観を素晴らしいとみる方と、この映画が退屈だった、難しかったとみる方がいるようです。

人気がないのかというとそうでもなく、“わらわら”というキャラクターに人気があったり、難しいがゆえにもう一度観なければという方や、観た方の感想を聞いて一度観てみたいという意見もありましたよ。

今後観客動員数の記録が更新されるのか…まだまだ分からないようです。

まとめ

今回は「君たちはどう生きるかの韓国の反応は?感想や人気の理由を紹介!」と題してお届けしました。

「君たちはどう生きるか」の韓国の反応は、日本のアニメ作品に期待が高く初日の動員数は韓国内の他の映画を抜いて1位を記録しました。

映画を観た方の感想を調べてみましたが、宮崎ワールドを楽しんでいる方と内容の理解が難しく退屈さを感じている方がいました。

人気の理由は日本のアニメだったりジブリ作品だったりということだったようです。

韓国でどんな記録を打ち出すか、どんな評価を受けるか注目したいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次